さくら日誌

日々のことから異世界のことまでいろいろ

MENU

独学で二級建築士資格取得を目指す2023Ver! -はじめに-

f:id:scattersacura:20181030163041j:plain

 

こんにちは。

過去、二級建築士を目指すと宣言しておきながら、試験すら受けていないものです。

なぜ以前試験を受けなかったかというと、勉強の途中で自分に受験資格がないことに気づいたからです(←オイ)

当時の様子はこちらからどうぞ。。

 

当時、過去問だけを頼りに勉強を進めていて、それなりに実力はついた気でいたのですが、時間も経ち、もはやすっからかんです。

ということで僕は再びレベル1に戻りました。。

しかしその間何もしなかったわけではなく、同じ勉強の仕方で宅建を受験し、無事に合格することができました。

僕的にはこの試験対策は理に適っていると思ってます。

今回、再びはてなブログを復活させる機に宅建の方の勉強ノートも順次公開していこうと思っています。

そちらも気になる方がいらっしゃいましたらぜひ。

 

ということで、以前も書きましたが、おおまかな二級建築士の試験の流れとしては、

 ① 4月に申し込み

 ② 7月に学科の試験

 ③ 9月に設計製図の試験(学科合格者のみ)

 ④ 12月に合格発表

となります。

 

また学科試験の内容は、大きく以下の4つに分けられます。

学科I(建築計画)
学科II(建築法規)
学科III(建築構造)
学科IV(建築施工)

全て5択問題で、全部で100問出題されます。

合格基準点は各科目が25点中13点以上、かつ総合60点以上なっているようです。(合格基準点が補正される場合もあるよう)

合格率は学科30~40%設計製図が50%強くらいですが、年によっても大きく変わっているようです。(特に学科の合格率は)

 

今回も独学できるだけお金を掛けずにがんばろうと思います。

前回も書きましたが、このブログを始めたきっかけは以下の通りです。

 

・勉強をしてみたが、参考書はイラストは多少あっても写真がなかったりで、なかなかイメージしずらい。

 ↓

・分からない単語だらけだけど、いちいちネットで検索するのがめんどくさい。

 ↓

・壁にぶち当たる

 ↓

・仕方ないので自分で調べてまとめるか。。

 

ってことです。

基本、試験に必要な情報のみにします。

過去問、単語を基本すべてまとめていきます。(平成30年分も追加予定)

なので書かれたことだけで過去問は全て解けるはず。

特によく出るものには☆を付けておきます。

(☆が出題した回数に応じて増える)

なるべく単語はリンクで飛べるようにします。

なるべく画像も付けます。

もっと詳しく知りたい人はリンクから辿ったり、個別にグーグル先生に相談してください!笑 

 

以前はこんなブログ需要がなるのかなぁと思っていたのですが、結構読んでくださる方がいて、それが自分の勉強の励みにもなっております。

 

間違いがあったら指摘してください。

一緒にがんばりましょう。

みんなで来年2023年の二級建築士試験合格を目指しましょう!